ダイハツEFエンジンでよくある、エンジンオイル漏れの事例を紹介します。
不具合が起こる場所は、オイルエレメントブラケットという部品の取付部分です。
EFエンジンでは、オイルエレメント(フィルター)をエンジンブロックに直接取り付けてあるタイプと、VVT(バリアブル・バルブ・タイミング)機構を組み込むために、オイルエレメントブラケットを取り付け、そこからVVT制御用のオイルパイプを引いてあるタイプがあります。
このオイルエレメントブラケットとエンジンブロックの合せ面にある、Oリング(ゴムリング)が経年劣化でヒビ割れたりしてオイル漏れを起こします。
オイルエレメントブラケットにはオイルポンプからの圧力がかかっていますので、漏れ方が非常に多いのが特徴です。
近くにマフラーが通っています。非常に高温になる部分なので、漏れたエンジンオイルがマフラーに垂れると焦げて臭くなったり煙が出たりします。
火災につながる危険性もありますので、修理は早めに行った方がよいと思います。

では、写真を交えてご説明します。

DSC_0003-2

まずフロントバンパーを外します。丁度、前側のナンバー裏あたりにオイルエレメントが取り付けてあります。そのオイルエレメントを取り付けてある土台のようなものがオイルエレメントブラケットです。
 
 
 
 

DSC_0002-3

正面下方からの写真です。右側にマフラーが通っています。
 
 
 
 

DSC_0006-2

オイルエレメントブラケットを外したところ。ここに付いているOリングが硬くなってしまいオイル漏れを起こします。
 
 
 
 

DSC_0005-2

オイル漏れとは関係ないのですが、このOリングも同時に交換します。

オイル漏れの原因は様々ですが、危険なことにつながったり駐車場を汚したりと良い事がないので、大切な愛車のためにもオイル漏れを見つけたら早めの点検を。
 
 
 




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる