臭いニオイは元から断ちます

車内のニオイ、気になりませんか?
ニオイの例をいくつか挙げてみますと、

  • たばこのニオイ
  • 飲食物のこぼれ・カス等のニオイ
  • カビ臭
  • エアコンからのニオイ

などが挙げられます。
今回はエアコンからのニオイの対処法を紹介します。

ニオイの発生源となる場所ですが、主にA/CスイッチをONにすることで冷える部品(エバポレーター)の辺りが考えられます。
この部品が冷えることで結露を起し、水分がたまります。
これだけではもちろん臭くはなりません。
ここにホコリに乗った細菌やカビ菌がやって来ることで、ニオイが発生し始めます。これが主な原因です。
エバポレーターの清掃と除菌をすれば、ニオイが出なくなると言うことです。

では実際の作業例を紹介します。
車両はスバル 平成22年ステラRN1です。

DSC_0020-2

助手席の足元、ヒーターレジスターという小さい部品を外します。(赤丸部)
矢印の方向から写真撮影すると、

DSC_0016-2

見えました。左側銀色の縦じま部がエバポレーターです。
赤枠で囲ったところがニオイの発生源と思われる部分。隙間埋めのスポンジと下の方にはホコリが溜まっています。
ホコリをブラシと掃除機を使って除去します。

DSC_0022

綺麗になりました。これで下準備OK。

DSC_0016

DSC_0023

泡タイプの除菌・消臭スプレーを充填します。

DSC_0024

DSC_0026

DSC_0025

後は水抜き穴から自然に流れ出るのを待ちます。

DSC_0027

出てきた洗浄剤を確認してみましょう。

DSC_0023

少し黒いかな。これで作業完了です。

自分の自家用車も臭くなってたので、施工してみました。
効果は1年くらい持続します。
ニオイが気になる方は是非ご相談ください。
 
 
 

 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる