車検で入庫した平成15年登録のトヨタクラウンJZS171、エンジンは1JZ-FSEです。

点検したところ、エンジンヘッドカバーからオイルが漏れていました。

 
 
 
 
DSC_0159-2

エンジンヘッドカバーはスロットルバルブとインテークマニホールドの一部で隠れています。

 
 
 
 
DSC_0160-2

DSC_0161-2

エンジンヘッドカバーの合せ面からオイルが漏れてきていることが確認出来ます。

 
 
 
それでは、エンジンオイル漏れの修理作業を簡単に紹介します。
 
DSC_0165-2

まず、エアインテークダクトを外します。

 
 
 
 
DSC_0169-2

コネクター2カ所・冷却水ホース2本・取付ボルト&ナット4カ所を外して、スロットルバルブを取り外します。
 
 
 
 

DSC_0172-3

インテークマニホールドの補強ステーを取り外します。ナット4本で取り付けてあります。

 
 
 
 

DSC_0174-2

EGR(エキゾースト・ガス・リサーキュレーション)のパイプを取り外します。ナット5カ所で取り付けられています。

 
 
 
 
DSC_0176-2

エンジン後部の樹脂製のカバーをボルト3本外して、取り外します。

 
 
 
 
DSC_0171-3

DSC_0171-2

ホース類・バキュームセンサーを外してから、インテークマニホールドの半分を取り外します。ボルト&ナット8カ所で取り付けてあります。

 
 
 
 
DSC_0179-2

直噴D-4エンジンでは、通常の燃料ポンプとは別に高圧を発生させるための燃料ポンプがエンジンヘッドカバーに取り付けられています。
コネクター1カ所・インレットパイプ・アウトレットパイプ・リリーフのホースを外し、取り付けナット2カ所外して、取り外します。

 
 
 
 
DSC_0181-2

イグニッションコイルを6カ所取り外します。

 
 
 
 
DSC_0182-2

燃料パイプ・配線を取り付けボルト数カ所外して少しずらします。

 
 
 
 
DSC_0182-3

エンジンヘッドカバーをボルト11本外して、取り外します。

 
 
 
 
DSC_0185-2

DSC_0186-2

エンジン後部に取り付けてある、半月型のキャップを外します。

 
 
 
 
DSC_0187-2

半月型キャップはクリーニング後、液状ガスケットを使用して元の場所に取り付けます。

 
 
 
 
DSC_0191-2

DSC_0192-2

DSC_0193-2

エンジンヘッドカバーに取り付けられている、プラグホールガスケット6カ所を交換します。

 
 
 
 
DSC_0194-2

DSC_0195-2

ヘッドカバーガスケットを交換して、逆手順で組み付けていきます。

 
 
エンジンを試運転して、エンジンオイル・ガソリンが漏れてこないことを確認します。
これでヘッドカバーガスケット交換作業は完了とします。

 
 
 

スポンサーリンク




閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる