この車両は長期間使用しておらず、いわゆる不動車になっていました。
もう使わないので引き取ってほしいとの事なので、整備して浅井自動車で使わせて頂きます。

DSC_0001

ワイパーがあらぬ方向に向いています。おそらくは雪が原因でどこか外れてしまったのだと思います。
運転席側のワイパーアームはガクガクするものの、まだつながっている感じ。
助手席側のワイパーアームは内部で完全に外れてしまっているようで、抵抗なく360度クルクル回ります。

このサンバーはボンネットが無い車両なので、ワイパーのモーターやリンク機構は室内側にあります。
 
 
 
 

DSC_0002-2

助手席側、グローブボックスをはずして下から見たところ。ワイパーの整備用窓が見えますが故障個所まで手が届きません。
 
 
 
 

DSC_0003-2

運転席側です。もう手すら入りません。
インパネを全部はずさないといけないようです。
 
 
 
 

DSC_0004

バッテリーのマイナス端子をはずして20秒以上経過後に、ハンドルのエアバックユニットをはずします。
 
 
 
 

DSC_0006-2

ステアリングロールコネクターという部品。左右に回転する回数に制限があるため、直進状態から動かないようにテープで固定します。
 
 
 
 

DSC_0007-2

DSC_0008-2

ステアリングコラムをボルト4本はずして下にずらします。
 
 
 
 

DSC_0009

ステアリングロールコネクターとコンビネーションスイッチをはずします。
 
 
 
 

DSC_0010

メーターとオーディオをはずします。同時にマニュアルエアコンのコネクターとケーブルもはずします。
 
 
 
 

DSC_0011

インパネ取り付けボルトを7カ所はずせば、インパネまるごと取り外せます。
 
 
 
 

DSC_0011-2

助手席側ワイパーの軸が折れているようです。外して確認します。
 
 
 
 

DSC_0016

ポッキリ折れていて修理は無理です。新品に交換します。
 
 
 
 

DSC_0001

新品にはリンクが1本付いてきました。
 
 
 
 

DSC_0023

いらないリンクをはずします。ワイパーモーターと助手席側ワイパーをつないでる棒です。
 
 
 
 

DSC_0024

こんな感じでボディの中に入っています。
後は組み立てていくだけです。
 
 
 
 

DSC_0025

ついでなので、ワイパーアームのサビを落として、つや消しブラックで塗装します。
 
 
 
 

DSC_0027

ワイパーの位置を合わせて作業完了。

過去の事例でリンクの関節部分がはずれた事は何度かあったのですが、今回のように折れてしまったのは初めて見ました。
 
 
 




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる