車検整備のスズキジムニーJB23Wです。登録は平成11年、走行距離は約125000kmです。
経年劣化でマフラーの錆びがだいぶひどくなってきていました。
穴は空いていないものの、取り付けのステーが錆びて折れる寸前です。

DSC_0027-2

この3か所のマフラーステーが錆びていました。
 
 
 
 

DSC_0032-2

1番前のマフラーステー。ここが一番錆びていました。軽く触るだけで簡単に曲がります。
 
 
 
 

DSC_0033-2

2番目のマフラーステー。だいぶ錆びが進行しています。
 
 
 
 

DSC_0034-2

3番目のマフラーステー。薄くなっていていつ折れてもおかしくない状態。

新品のマフラーはもちろんの事、中古のマフラーでも触媒がついている部分があるので高価です。という事で取り外して溶接修理をします。
 
 
 
 

DSC_0028-2

エンジンに1番近いところのジョイント部。ボルトは少々錆びていましたが無事に緩みました。
 
 
 
 

DSC_0029-2

中間のジョイント部。ボルトは大丈夫でしたが、横にあるステーが「ミシミシ」と折れそうでした。
 
 
 
 

DSC_0031-2

ここが一番の山場です。リアマフラーとのジョイント部のナットが、錆びて原型がなくなっています。
 
 
 
 

DSC_0035

DSC_0036

ガスで焼いて、熱いうちに緩めます。何とかなりました。
 
 
 
 

DSC_0037

外したナットの残骸です。
これで修理したいマフラーパイプが外れました。
 
 
 
 

DSC_0041-2

フロントマフラーパイプです。遮熱板を外してから修理します。
 
 
 
 

DSC_0043

DSC_0042

手をつける前の1番・2番ステー。
 
 
 
 

DSC_0045

DSC_0044

ガスで炙って錆びを飛ばしました。母材も温まるので一石二鳥です。
 
 
 
 

DSC_0047

DSC_0046

溶接して錆びたところを埋めてつなげます。
 
 
 
 

DSC_0039

DSC_0040

3番目のステーも錆びを飛ばしてから溶接修理。これでまたしばらくは使えるでしょう。
 
 
 
 

DSC_0038

リアマフラーのジョイント部のネジが、片方腐食で使えない状態。
 
 
 
 

DSC_0048-2

ボルトを溶接して取り付けてあるようです。ガス切断機で溶接してある部分を切断してボルトを取ります。
 
 
 
 

DSC_0049

ほどよいボルトを取り付けます。少し長いのはご愛嬌で。
 
 
 
 

DSC_0050

車両にマフラーを取り付けて、排気漏れが無いか確認したら作業完了です。
 
 
 




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる