平成17年登録のダイハツアトレーワゴンS330Gです。
出先で調子が悪くなったとのことで、キャリアカーでの引き上げをしました。

お客様にどういう状態か問診をしたところ、交差点での発進時に車が前に進まなくなるという症状でした。
気温が高いとき長時間走行すると症状が出るらしく、去年の夏にも症状が出ていたようです。

まずは実際に走行して症状を確認します。
やはりすぐには症状が出ず、1時間くらいエンジンをかけたままにしているとやっと不具合が発生しました。
具体的な症状はアクセルを踏んだ時、エンジンの回転がスムーズに上がらない感じです。
ダイアグノーシスには何も記録は無く、エンジンの各センサーの信号にも大きなズレは確認出来ませんでした。

発進時に「パンパン」とアフターファイヤーのような破裂音がするので、おそらく燃料が薄い状態ではないかと判断して燃圧を点検します。

DSC_0001-2

運転席をめくったところです。燃料ホースの場所の一例です。
 
 
 
 

DSC_0002

簡易的な点検方法ですが、燃料ホースを指でつまんでホースの「張り」を確認します。
数秒間隔で燃料ホースの「張り」がなくなる感覚があります。ホースの「張り」がない時にアクセルを踏んでもエンジンがふけ上がりません。
燃料ポンプ辺りに何か不具合がありそうです。
 
 
 
 

DSC_0006-2

燃料ポンプの配線図です。エンジンコンピューターのバッテリー電源からEFIメインリレー、フューエル(燃料)ポンプリレーを通って燃料ポンプに入ります。
001番のコネクターまで電圧がかかっているか確認します。
 
 
 
 

DSC_0003

DSC_0005

配線色は赤色。サーキットテスターで電圧を点検します。
25ボルトレンジなので、13.8ボルトの電圧がかかっています。燃圧が下がった時も13.8ボルト変わらずなので電源の異常ではなさそう。

燃料タンクを降ろして、燃料ポンプ本体の点検を行います。
 
 
 
 

DSC_0010

DSC_0009-2

DSC_0008-2

DSC_0007-2

DSC_0012-2

DSC_0013-2

燃料の注入口パイプ・ブリーザー(エア抜き)パイプ・燃料パイプ・蒸発ガス抜きホース・電源コネクターの5か所を外し、燃料タンクの取付ボルト4本を外してタンクを降ろします。
 
 
 
 

DSC_0015

続いて燃料ポンプを外します。
 
 
 
 

DSC_0017-2

ホース2本と配線を燃料ポンプから外し、ボルト8本を外して燃料ポンプを取り出します。
 
 
 
 

DSC_0019

DSC_0020-2

フィルターが真っ黒です。目詰まりして燃料を吸い上げることが出来なかったように思われます。
燃料ポンプも長期にわたって負荷がかかっていたと思われるので、丸ごと中古品と交換することにしました。
 
 
 
 

DSC_0023

中古品の燃料ポンプです。フィルターが少し汚れていましたので、エアでゴミを吹き飛ばしておきます。

逆の手順で組み立てて、不具合が起きるか再度点検します。
 
 
 
 

DSC_0028

長時間エンジンをかけておいても、症状が出なくなりました。
燃料ホースにも「張り」がしっかりあります。
 
 
 
 

DSC_0029

DSC_0030

最後に燃料が漏れていないか確認します。大丈夫なので作業完了です。

今回の不具合は燃料ポンプのフィルターが目詰まりしたことで、ガソリンの供給が不足したことが原因でした。
暑い日に症状がよく出たのは、クーラーの使用でガソリンの瞬間的な消費量が多くなったためだと思われます。
エンジン停止でフィルターからゴミが少し落ちる→エンジン始動で落ちたゴミがフィルターに張り付く、を繰り返していたと考えられます。

以上、アトレーワゴンの燃料ポンプ交換でした。
 
 
 




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる