今回は平成28年登録のスズキハスラー(MR31S)のサービスキャンペーン作業になります。

dsc_0008-2

サービスキャンペーンの開始日は平成28年7月29日からで、順番にユーザー様にハガキなどでお知らせするかたちとなります。

不具合の内容は次のようになります。

四輪駆動車のリヤアクスルハウジングにおいて、デフオイルを密封するためのオイルシールの材料および形状が不適切であったため、使用過程において、シール面が異常摩耗したり、リヤアクスル内の回転軸へのシール追従性が不足することによって、オイル密封性が低下することがあります。そのため、デフオイルが外部へ漏れるおそれがあります。

(スズキホームページより引用)

文章では少々わかりにくいと思いますので、実際の作業写真で説明させて頂きます。

dsc_0011-2

右後ろのタイヤを外して、後ろから見たところです。
楕円のところ、内部にオイルシールというゴム製の部品が入っています。このオイルシールがいまいちだったので、改善品に交換することが今回の作業内容になります。

 
 
 
 
 
dsc_0012-2

まずブレーキドラムを外します。これはリアブレーキの外側の部品です。

 
 
 
 
 
dsc_0013-2

ブレーキドラムを外すと、ブレーキシューが見えます。
上部の銀色の部品にピストンが入っていて、ブレーキを踏んだときに左右に出てブレーキシューをブレーキドラムに押し付けるわけです。

ここに漏れ出たオイルが付着するとブレーキが効きにくくなって危ないですよね。

 
 
 
 
 
dsc_0014

ブレーキシューを外しました。

 
 
 
 
dsc_0015-2

ブレーキパイプを切り離します。

 
 
 
 
 
dsc_0016-2

バックプレートを固定しているボルト4本を外します。

 
 
 
 
 
dsc_0017-2

パーキングブレーキワイヤーを引き抜きます。

 
 
 
 
 
dsc_0018-2

アクスルシャフトを丸ごと引き抜きます。
確認したところ、デフオイルは漏れて来ていませんでした。オイルシールとガイドだけの交換を行います。

 
 
 
 
dsc_0019

dsc_0020-2

見えました。アクスルハウジング内に問題のオイルシールが打ち込まれています。

 
 
 
 
 
dsc_0021

オイルシールを外して、キレイにクリーニングしました。

 
 
 
 
 
dsc_0022

メーカーから支給されたオイルシールを打ち込みます。

 
 
 
 
 
dsc_0023

あとは逆の手順で組み付けます。
反対側、左のオイルシールも同様に交換したのち、ブレーキのエア抜きを行い作業終了になります。

もしも、デフオイルが漏れてしまっていた場合は、状況に応じてベアリングやブレーキシューなど各部品を無償交換します。
ダイレクトメールが届いた方はもちろん、気になる方もお気軽に販売店までお問い合わせください。

 




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる