エンジンがかかりにくくて使いにくいと修理依頼を受けました。平成6年式ニッサンバネットSS28VNです。いわゆるOEM生産車両でマツダボンゴがベースになります。この車両は私有地の作業車として使われてるのでナンバーが付いていません。現場に出張して点検修理します。
エンジンがなかなかかからずバッテリーを上げてしまったようなので、まずはバッテリーを持ち帰り充電します。マイナス側のターミナルが割れてしまっていたので、修理の段取りもしておきます。

DSC_0018

マイナスターミナルを交換修理してバッテリーを搭載。
エンジンをかけようとしてみましたが、かかりそうでかかりません。アクセルを煽りながらだと何とかかかります。
あと、キーをオンにしたときグローリレーが「カチッカチッカチッ」と断続しています。状況からグロー系統に不具合があるとみて点検してみます。
 
 
 
 

DSC_0018-2

グロープラグ手前の配線コネクターをはずし電圧を測ります。
 
 
 
 

DSC_0020

グローリレーがオンになったときは約12.7Vとバッテリー電圧がかかています。
 
 
 
 

DSC_0021-2

DSC_0022

次にグロープラグの点検です。
 
 
 
 

DSC_0023

1番のグロープラグ、導通なしです。電圧かけても熱くなりません。
 
 
 
 

DSC_0024

2番は約43Kオーム、電圧かけても熱くはなりませんでした。
 
 
 
 

DSC_0025

3番のグロープラグは導通あり、電圧をかけたら煙が出るほど熱くなります。火傷に注意しましょう。
 
 
 
 

DSC_0026

4番のグロープラグも導通なし。内部断線してます。

3番のグロープラグ以外は壊れていました。お客様に説明して注文します。
 
 
 
 

DSC_0023

なかなか高価なグロープラグ。マツダの上にニッサンのシールが・・・。
 
 
 
 

DSC_0024

3本交換してエンジンをかけてみます。少しもたつきましたが、楽にかかるようになりました。ただ、グローリレーの「カチカチ」はそのままです。他に何かしら不具合が残っているようですが今回は保留にします。
 
 
 




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる