平成9年登録の三菱パジェロミニH56Aの修理です。
オイルが突然漏れ始めたので見て欲しい、とのことで入庫しました。

dsc_0028-2

dsc_0029

オイルが垂れてきているところは右フロントのタイヤあたり。
オイルの色は赤色です。ATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)で間違いないでしょう。

 
 
 
 
 
dsc_0030-2

エンジンとバッテリーの間あたりに、トランスミッションからラジエター内のATF用オイルクーラーへとつながるオイルパイプがあります。

 
 
 
 
 
dsc_0031-2

パイプが錆びてボロボロです。錆びのところからATFが漏れています。
というわけで、パイプを新品に交換します。

 
 
 
 
 
dsc_0032-2

dsc_0033-2

交換作業をやりやすいようにバッテリーは外しました。
オイルパイプを固定しているボルト2本を外します。

 
 
 
 
dsc_0034-2

ラジエターとの接続を2カ所外してフタをします。

 
 
 
 
 
dsc_0035-2

トランスミッション側も2カ所、パイプの接続を外してフタをします。

 
 
 
 
 
dsc_0036-2

錆びたパイプです。
フレームの錆びがパイプに接触していました。もらい錆びによりここまでひどくなったと推測されます。

 
 
 
 
 
dsc_0037

新品のパイプにゴムホースを付け替えて、車両に逆手順で取り付けます。

 
 
 
 
 
dsc_0038

dsc_0039

フレームの錆びは出来る限り取り除きました。

あと漏れ出た分のATFを注ぎ足して、再度漏れが無いか確認したら作業完了です。

 



 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる