車検で入庫の平成13年登録のメルセデスベンツS500です。
前から時々ウインカーの点滅が速くなるときがあり、サイドミラーのウインカーが点いていなかったと聞きました。
入庫時の点検では、点滅が速くなる症状は出なかったのですが、

DSC_0030-2

左側のサイドミラーウインカーと比べると、赤丸部の3カ所が点灯していないことに気が付きました。
おそらく、内部の基盤に何かが起きているのでしょう。取り外して内側から点検してみます。
 
 
 
 

DSC_0031-2

隙間からのぞくと、ミラーは引っ張ればとれそうだったので実行。
下側に2カ所のツメと上側に金属棒で引っかけてありました。ミラーヒーターの電源端子は弱そうなので慎重に外します。
 
 
 
 

DSC_0032-2

サイドミラーの可動部分も外して観察していると、奥の方に怪しい金属のツメがあります。
 
 
 
 

DSC_0033-2

ツメをマイナスドライバーで起すと、サイドミラーカバーが抜けてきました。
サイドミラーは外さなくても、サイドミラーカバーだけ取り外せる構造になっているようです。
 
 
 
 

DSC_0037-2

取り付けねじを2本外すと、ウインカーが横に抜けます。
 
 
 
 

DSC_0039-2

よく見るとヒビ割れているところがあります。中には基盤があると思うのですが、壊さないと確認出来ない構造です。お客様は現品の修理は出来ないことを説明して、新品交換することにしました。
 
 
 
 

DSC_0035

取り寄せた、新品のサイドミラーカバーを取り付けて作業完了です。
 
 
 
 

ここからはおまけのネタです。

DSC_0030

DSC_0031

故障しているウインカーを分解しました。やっぱり3カ所点いていません。
 
 
 
 

DSC_0032

凄く単純な基盤です。ハンダが何カ所も割れています。原因はこれでした。
 
 
 

 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる