初年度登録が平成20年のホンダフィットGE6の整備です。
今回はタイヤを取り付けるためのボルト、クリップボルトが折れてしまったということで入庫しました。

dsc_0014

dsc_0015-2

左前のタイヤを取り付けるクリップボルトが1本折れています。
リフトアップして交換作業を行います。

 
 
 
 
dsc_0016

ボルトが折れる原因としては、締めすぎがほとんどだと思います。

 
 
 
 
dsc_0017-2

dsc_0018-2

上下のボルト2本を外して、ブレーキキャリパーを取り外します。
外したキャリパーは邪魔にならないよう、サスペンションあたりにひもで縛っておきます。
ブレーキパッドも外します。

 
 
 
 
dsc_0019-2

dsc_0020-2

キャリパーブラケットもボルト2本を外して、取り外します。

 
 
 
 
dsc_0021-2

ブレーキディスクローターを外すために、固定しているプラスねじ2本を外します。

 
 
 
 
dsc_0022-2

プラスねじが固く締まっていたので、叩くと回る特殊なドライバー、インパクトドライバーを使用して緩めました。

 
 
 
 
dsc_0023

無事ディスクローターが外れました。

 
 
 
 
dsc_0024-2

クリップボルトはハブに裏から差し込まれているだけなので、表から叩いて抜き取ります。

 
 
 
 
dsc_0025-2

見た目で予想はついていたのですが、クリップボルトがナックルに当たって抜けてきません。ハブを抜き取る必要があるようです。

 
 
 
 
dsc_0026-2

ハブのセンターナットを外します。写真は緩み止めのカシメをタガネで起してるところです。

 
 
 
 
dsc_0027-2

ハブにスライディングハンマーを取り付けて、抜き取ります。

 
 
 
 
dsc_0028-2

抜き取ったハブには、必ずハブベアリングのインナーレースという部分がくっついてきます。この状態は、ベアリングが壊れた状態とみなされます。(整備書には、このクリップボルト交換時ハブベアリング要交換とあります)
しかし、費用面を考えてキレイにもとに戻す方法をとります。

 
 
 
 
dsc_0030-2

dsc_0031-2

dsc_0032

今回の作業の目的、クリップボルトの取り付けを行います。
ハブにクリップボルトを、真っ直ぐトントン叩き込むだけで完了です。
では、ハブベアリングをもとに戻す作業にかかります。

 
 
 
 
dsc_0033

ハブとインナーレースの間を尖ったタガネで叩き、隙間を作ります。

 
 
 
 
dsc_0034

dsc_0035

隙間にプーラーを入れて、インナーレースを引き抜きます。

 
 
 
 
dsc_0036-2

dsc_0037-2

ベアリングのインナーレースはタガネより硬いのでキズ・変形はないのですが、ハブにはキズが付きます。凸部がなくなるように整えます。

 
 
 
 
dsc_0038

dsc_0039-2

ベアリングのインナーレースをもとの場所に戻します。
この時、ゴミが入っていないか、シールをかみ込んでいないかをしっかり確認します。
ハブにインナーレースを付けたままもとに戻すと、シールの確認が出来ないのです。

 
 
 
 
dsc_0040

ハブをベアリングに圧入します。

 
 
 
 
dsc_0042-2

ハブベアリングがゴロつきなくスムーズに回ることを確認します。

 
 
 
 
dsc_0043

逆手順でもとに戻します。

ナックルアームを外したので、サイドスリップ・ハンドル位置を合わせます。
試乗してハブベアリングから異音がないことを確認出来たので、作業終了とします。

 
 
 

スポンサーリンク




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる