代車で使用している日産マーチAK12、初年度登録は平成16年です。
運転席のドアロックがリモコンやロックボタンで施錠・開錠できなくなりました。手動では操作できます。

DSC_0053

これは開錠の状態です。赤い線が見えています。

 
 
 
 
DSC_0054

キーリモコンの施錠ボタンを押しても、「ピクッ」っと少し動くだけです。
赤い線はまだ見えている状態で、ドアは開きます。

 
 
 
 
DSC_0055

本来は赤い線が見えないところまで動きます。
ドアロックアクチュエーター内のモーターが弱ってくることが原因と思われます。
今回も(実は2回目)中古品を使い、交換修理をしていきたいと思います。 

 
 
 
DSC_0056-2

車内側のドアハンドルカバーを外します。3カ所のツメで取り付けてあります。

 
 
 
 
DSC_0057-2

パワーウインドウスイッチを外します。後ろ側を持ち上げてから引き抜くような感じです。パワーウインドウスイッチのコネクター2カ所も外します。

 
 
 
 
DSC_0058-2

パワーウインドウスイッチを外した所に隠しねじが1本あります。外します。

 
 
 
 
DSC_0059-2

ドアの内貼りを引っ張って外します。

 
 
 
 
DSC_0060-2

防水シートを破らないように剥がします。
貼り付けに黒いブチルゴムを使用してありますが、カッターで切りながらめくるとキレイに剥がせます。

 
 
 

 
DSC_0061-2

DSC_0062-2

DSC_0063-2

車内側のドアハンドルを外します。ねじ1本外して後ろにスライドさせ、手前に引くと外れます。

 
 
 
 
DSC_0064-3

ドアハンドルからロックノブケーブルとインサイドハンドルケーブルを外します。

 
 
 
 
DSC_0066-2

DSC_0067-2

DSC_0069-2

DSC_0070-2

外し方は2本とも一緒です。アウターチューブの固定を外してから、ワイヤーの端を外します。

 
 
 
 
DSC_0071-2

補強プレートをボルト2本外して、取り外します。

 
 
 
 
DSC_0072-2

DSC_0073-2

窓ガラスのレールを固定しているボルトを外し、レールをずらします。

 
 
 
 
DSC_0074-2

ドアロックからキーシリンダーコネクティングロッドを切り離します。

 
 
 
 
DSC_0076-2

アウトサイドハンドルケーブルも切り離します。

 
 
 
 
DSC_0075-2

ドアロックをボルト3本外して、取り外します。
この時に配線コネクターを外します。

 
 
 
 
DSC_0077

外れたドアロックです。
中古品に交換、逆手順で取り付けていきます。

作動確認をして作業終了とします。

スポンサーリンク




 
 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる