この車両は浅井自動車の代車として使っている車両になります。
平成14年ミツビシミニカH42Vです。
ブレーキテスターでは許容範囲内のブレーキ引きずりでしたが、リフトアップしてタイヤを手で回してみるとフロント左のブレーキだけ少し引きずっている感触でした。
フロント左のブレーキキャリパーを点検してみます。

DSC_0004

DSC_0004-2

ブレーキピストンのダストブーツをめくってみると、中がサビています。サビが原因でブレーキピストンの動きが悪くなってきているようです。
ブレーキインナーシールキットの交換、いわゆるフロントブレーキのオーバーホールを行います。
 
 
 
 

DSC_0005-2

ブレーキホースのバンジョーボルトとブレーキキャリパー上下のスライドピンをはずせば、ブレーキキャリパーがはずれます。
 
 
 
 

DSC_0006

ブレーキホースをはずした穴からエアーガンで空気を送り込めばブレーキピストンが抜けてきます。勢いあまって飛び出させないために木の板をあてておきます。
 
 
 
 

DSC_0007

DSC_0008

ダストブーツはセットリングでおさえてあります。セットリングをマイナスドライバーなどではずしてダストブーツを引っ張りだします。
 
 
 
 

DSC_0009

ピストンシールもマイナスドライバーなどではずします。
 
 
 
 

DSC_0010

構成部品はこんな感じです。単純に出来てます。
 
 
 
 

DSC_0011

まずはピストンの状態です。2本くっきりとサビが付いています。
 
 
 
 

DSC_0013

サビを真鍮ブラシでこすり落としました。腐食していなくてよかった。
 
 
 
 

DSC_0012

ブレーキキャリパー内部です。ワイヤーブラシやマイナスドライバーなどを駆使してサビを出来る限り落とします。
 
 
 
 

DSC_0014

きれいになりました。ここからは新しいシールキットを使って組み立てていきます。
 
 
 
 

DSC_0015

ピストンのダストブーツ・セットリング・ピストンシール・スライドピンのダストブーツ・スライドピンのブッシュ・組み付け用のグリス・ブリーダプラグのキャップが左右分のセットになっています。
 
 
 
 

DSC_0016

スプレータイプのグリスも便利なので使います。
 
 
 
 

DSC_0017

ピストンシールにグリスを塗りブレーキキャリパーに組みます。サビを取ったところにもグリスをスプレーしてサビの発生を抑えます。
 
 
 
 

DSC_0018

ピストンを組み込むときは少しコツが必要です。グリスを塗ったダストブーツをピストンの下のほうに仮付けします。
 
 
 
 

DSC_0019

ピストンからダストブーツがはずれないように注意しながら、ダストブーツをブレーキキャリパーのみぞに入れます。
 
 
 
 

DSC_0020

ダストブーツをはさみ込まないよう注意しながら、ピストンを奥まで真っ直ぐ入れます。
 
 
 
 

DSC_0021

ダストブーツが確実に入っているか確認します。ズレていると水が入ってまたすぐにサビてしまいます。
 
 
 
 

DSC_0022

セットリングを入れてしっかりとダストブーツを押さえます。
 
 
 
 

DSC_0023

セットリングもズレがないか確認。
 
 
 
 

DSC_0024

スライドピンの片側にはゴムのブッシュが付けてあります。
ブッシュを新品に交換してグリスを塗ります。
 
 
 
 

DSC_0026-2

DSC_0027

スライドピンのダストブーツも新品に交換。
 
 
 
 

DSC_0028

ブレーキキャリパーを取り付けてブレーキホースをしっかり締め付けます。
同様に反対側のブレーキをオーバーホールします。
 
 
 
 

DSC_0031

ブレーキ液のエア抜きを行います。
そのあと、強くブレーキを踏みブレーキ液がもれてこないことを確認します。
以上でフロントブレーキのオーバーホールは完了です。
 
 
 




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる