今回は平成18年登録のスズキラパン(HE21S)の整備です。

DSC_0026-2

エアバッグの警告灯が点灯した、ということで入庫しました。
特にどこかぶつけたというわけではなく、突然点灯したという話です。

 
 
 
 
DSC_0012

OBDⅡ診断機を使用して、コンピューターに残っている記録を確認します。
B1041、助手席インフレーター系統断線と記録されていました。

 
 
 
 
エアバック配線図-2

エアバッグ系統の配線図です。
エアバッグコントローラーから助手席インフレーターまでは、2本1対の配線が通っています。このどこかに断線があるということです。

では、点検作業に入ります。

 
 
 
 
DSC_0013-2

まず最初にバッテリーのマイナス端子を外します。エアバッグの誤作動を防ぐために必ず外さなければいけません。

 
 
 
 
DSC_0014-2

助手席エアバッグの位置です。インフレーターは内部下側についています。

 
 
 
 
DSC_0015-2

DSC_0016-2

DSC_0017-2

隠れているねじを2本外して、物入れを引き抜きます。
奥に助手席エアバッグインフレーターがあります。

 
 
 
 
DSC_0018-2

助手席エアバッグのインフレーター(ガス発生装置)です。

 
 
 
 
DSC_0019-2

DSC_0020-2

インフレーターのコネクターを外します。
黄色いツメを起してから、下に引き抜きます。折れやすいので慎重に作業します。

 
 
 
 
DSC_0022-2

DSC_0023-2

DSC_0024

DSC_0025-2

インフレーターからエアバッグコントローラーまでの配線は、運転席の足元で一カ所コネクター接続してあります。
足元のカバーを外します。

 
 
 
 
DSC_0027-2

黄色いコネクターを外します。

DSC_0020-3

DSC_0028-2

DSC_0030

インフレーターと分岐コネクター間の導通をサーキットテスターで確認します。
青赤の配線は正常な導通です。

 
 
 
 
DSC_0020-4

DSC_0028-3

DSC_0031

次に黄赤の配線を調べます。
なぜか抵抗があります。しかもインフレーター側のコネクターを動かすと、抵抗値が変化します。

 
 
 
 
DSC_0032-2

なぜか黒いビニルテープが巻いてあります。

 
 
 
 
DSC_0033-2

ビニルテープをほどいてみると、配線をねじねじして繋げてありました。正直、恐ろしいやり方です。(浅井自動車で行った仕事ではありません)
ここが接触不良を起こしていたことで間違いありません。

 
 
 
 
DSC_0034

ハンダでつなぎ直して収めました。

 
 
 
 
DSC_0035

導通を確認します。揺さぶっても抵抗は変化しません。

 
 
 
 
DSC_0036

外したものを組み立てて、エンジンをかけてみます。
エアバッグ警告灯は通常通り消灯しました。これで作業完了とします。




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる