今回の整備車両はスズキ平成18年ワゴンRMH21Sで、エンジン型式はK6Aです。走行中にエンジンから凄い音がするとの事で入庫しました。
入庫時に軽く空ぶかしした時点でエンジンから「シャーン」と甲高い音がします。走行点検でもターボがかかると凄い異音が響きます。

初めて入庫した車両なのでオイル交換の頻度は不明なのですが、総走行距離が10万キロを超えていますので、まずターボの故障が疑われます。

実際にターボチャージャを取り外し点検を行います。

DSC_0021

フロントバンパーを外しました。ターボチャージャは赤丸の所になります。
ターボチャージャを外す際はターボチャージャインテークパイプ・キャタリストケースは付けたままセットで外します。
 
 
 
 

DSC_0024-2

ターボチャージャアウトレットパイプを外して上から見た所。
エキゾーストマニホールドカバーの取付ボルトが、いつも通り錆びついて緩みません。なんとか折れずに外せました。
 
 
 
 

DSC_0001-2

エキゾーストマニホールドとの取付ボルトを外します。
 
 
 
 

DSC_0003-2

下側はマフラーとの取付ボルトとキャタリストケースブラケットを取り外します。同時に冷却水ホース・A/Fセンサー・バキュームホース・オイルパイプを外します。
これでエンジンと切り離せましたので、手前から引っ張り出します。
 
 
 
 

DSC_0004

ターボチャージャからインテークパイプ・キャタリストケースを切り離した所。
これでタービンインペラ点検出来ます。
 
 
 
 

DSC_0005-2

インペラ自体はインテーク側・エキゾースト側とも損傷はありませんでした。
インペラのシャフトがガタガタになってます。ガタが出るとインペラが側面に当たってしまうので擦れる音が出ます。これが原因でしょう。ターボチャージャを交換します。

交換するターボチャージャは

  • 新品 (高価)
  • リビルド品 (品質保証付きで手頃な値段)
  • 中古品(安いが保証無し)

から選ぶことになります。今回はリビルド品を使用します。
 
 
 
 

DSC_0002

左側が外したターボで右側がリビルド品とその付属品など。
損傷しているターボは修理ベースとしてリビルド屋さんに返却するのがルールです。
 
 
 
 

DSC_0003-2

ターボチャージャにオイルを送るパイプは詰まりやすいので、リビルドの付属品に新品がついています。
 
 
 
 

DSC_0006-2

エキゾーストマニホールドとの取付ボルトは必ず新品を使用します。
一度使用したボルトだと、なぜか緩んでしまいます。
 
 
 
 

DSC_0007

各部取付後、試乗して異音が消えていることを確認。作業完了です。

余談ですが、今回の整備車両はサービスキャンペーンに該当していました。

ターボチャージャー付車両において、特定の高負荷運転を繰り返して長期間使用すると、触媒ケース入口のパイプ溶接部に亀裂が入り、排気音が大きくなるおそれがあります。

スズキHPより引用
 
 
 
 

DSC_0006-2

パイプ溶接部はここです。亀裂は入っていませんでした。
気になる方はお近くのスズキ販売店へ。浅井自動車でも無料で点検致します。
 
 
 




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる