代車として使用している、平成18年登録のスズキワゴンRです。
走行していると、車両の前の方から「コトコト」と音がするので点検してみます。

原因はすぐにわかりました。左フロントのロアアームに付いているボールジョイントにガタが出ていました。

dsc_0047-2

この部分がロアアームです。
 
 
 
 

dsc_0048-2

ロアアームを上下に揺さぶるとボールジョイント部がガタガタします。この少しの事が、走行中の異音に繋がってしまいます。
 
 
 
 

dsc_0050

というわけで中古品、仕入れました。
 
 
 
 

dsc_0051-2

中古品のロアアームに付いていた、ボールジョイントブーツの状態があまりよろしく無いので、新品の物に交換します。
 
 
 
 

dsc_0052

ボールの部分はこのように光沢がある状態が普通です。
 
 
 
 

dsc_0057

グリスを塗りまして、
 
 
 
 

dsc_0058

dsc_0059

新品のブーツをかぶせます。
 
 
 
 

dsc_0060

ブーツを押さえるリングを取り付ければ準備完了。ロアアームの交換に取り掛かります。
 
 
 
 

dsc_0061-2

まず、ボディとサスペンションフレームをつなげる補強を取り外します。
 
 
 
 

dsc_0062-2

dsc_0063-2

dsc_0064-2

ロアアームの取付ボルト3本を外します。
 
 
 
 

dsc_0065-2

ナックル下部にマイナスドライバーを差し込めば、ボールジョイント部が引き抜けます。

これでロアアームが取り外せます。
 
 
 
 

dsc_0066

取り外したロアアームのボールジョイントブーツは、パックリと裂けています。
 
 
 
 

dsc_0068-2

中に水分が入ったために、ボールの部分が錆びてボロボロになっていました。ガタが出る原因です。

ロアアームは逆の手順で取り付けていくのですが、

dsc_0070-2

このボルトは車両にタイヤをつけて下した状態で本締めを行います。
 
 
 
 

dsc_0071

少しのことなんですが、ゴムのブッシュがねじれたままにならないよう、ストレスを抜くためのひと手間です。

補強のバーも取り付けて、サイドスリップ&ハンドルセンター合せを行います。
 
 
 
 

dsc_0073

調整前はインに3ちょっとでした。
 
 
 
 

dsc_0074

ハンドル位置は左に向いちゃってます。
 
 
 
 

dsc_0075

タイロッドの長さを調整して、

dsc_0077

0に合わせました。写真は撮り忘れましたが、運よくハンドルセンターも1回で合いました。

これで作業は完了です。
 
 

スポンサーリンク




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる