平成19年登録のスズキワゴンR(MH22S)の修理です。走行距離は95833km。
事の初めは、オイルの警告灯が点灯したということでした。ただ、夜遅かったためにそのまま走行して自宅に帰ったそうです。
翌日、エンジンオイルを入れてエンジンを始動したら、ものすごい異音がするようになったとのことです。
実際、浅井自動車に入庫した際も「カン!カン!カン!」と誰もが振り向くような異音がしていました。

状況から判断して、間違いなくエンジン内部が故障していると思われます。お客様と、どのように修理するかお話した結果、中古のエンジンを載せ替えることで決まりました。

では、作業工程を簡単に紹介します。

dsc_0004

まずはエンジンオイルとエンジン冷却水を抜き取ります。

 
 
 
 
dsc_0005

バッテリーとバッテリーケースを取り外します。

 
 
 
 
dsc_0006-2

エンジンに空気を取り入れる、エアインテークダクトを外します。
チャコールキャニスターという部品も同時に外してます。(写真を撮り忘れました)

 
 
 
 
dsc_0007-2

エンジンからラジエターに冷却水が流れるホース、ラジエターアッパーホースを外します。

 
 
 
 
dsc_0008-2

室内のヒーターに冷却水を流すホース、ヒーターホースの入口・出口2本を外します。

 
 
 
 
dsc_0009-2

シフトケーブルの先端をトランスミッションから外します。
そのあと、白い樹脂製のピンをケーブルの支持部から抜き取ります。

 
dsc_0010-2

筒状の部分を回すと隙間が開くので、シフトケーブルを支持部から引き抜きます。これでシフトケーブルの切り離し完了。

 
 
 
 
dsc_0011-2

エンジンコンピューターとリレーボックスからコネクターを外します。

 
 
 
 
dsc_0012-2

バッテリーのプラスターミナルの根本から、コネクターを3カ所外します。

 
 
 
 
dsc_0014-2

ガソリンが通ってるホース、フューエルホースを外します。
少し内圧がかかっているので、ウエスを巻いてゆっくり外します。外したホースとパイプには仮フタを被せます。

 
 
 
 
dsc_0015-2

スロットルからアクセルワイヤーを外します。

 
 
 
 
dsc_0016-2

インテークマニホールドから、ブレーキブースターへつながるバキュームホースを外します。

 
 
 
 
dsc_0017

dsc_0018

フロントグリル・フロントバンパーを外します。

 
 
 
 
dsc_0019-2

エキゾーストマニホールドにつながるアース線を外します。

 
 
 
 
dsc_0020

エアコンのコンプレッサーをエンジンから外します。支点のボルト2本と上部固定用のボルト1本、マグネットクラッチのコネクター1個です。

 
 
 
 
dsc_0021-2

支点のボルトが1本折れました。よく錆びつくことが多い場所です。

 
 
dsc_0022-2

折れたボルトの頭を平らに削ります。

 
 
dsc_0023

ボルトの中心にドリルで穴をあけます。2mmのキリを使用しました。

 
 
dsc_0024

徐々に穴を広げます。4.5mmのキリを使用。

 
 
dsc_0025

6.5mmの穴をあけて、ボルトの残りカスを取り除きます。
M8のピッチ1.25のタップをかければ元通りです。

 
 
 
 
dsc_0026-2

ラジエターからエンジンに冷却水が流れるホース、ラジエターロアホースを外します。

 
 
 
 
dsc_0027-2

ラジエターを支えるステーを2枚外して、ラジエターを下へ引き抜きます。電動ファンのコネクターも1カ所外します。

 
 
 
 
dsc_0028-2

dsc_0029-2

dsc_0030-2

ハブのセンターナットを外して、ロアアームのボールジョイントを切り離し、ドライブシャフトをハブから引き抜きます。
左右とも同様の作業です。

 
 
 
 
dsc_0031-2

dsc_0032-2

正式名称がわからないのですが、フレームとメンバーをつなぐ補強バーを左右とも取り外します。

 
 
 
 
dsc_0033

マフラーパイプを取り外します。

 
 
 
 
dsc_0034-2

エンジンとミッション下の補強プレートを2枚外します。

 
 
 
 
dsc_0035-2

エンジンとミッションのカタマリを支えているマウントは3カ所あります。まず後方のマウントのボルトを抜いておきます。

 
 
 
 
dsc_0036

dsc_0037-2

dsc_0038

台車をエンジン下に入れて、右側のエンジンマウントを外します。

 
 
 
 
dsc_0039

左側のマウントも同様に外します。

 
 
 
 
dsc_0040

エンジン下のマウントステーを外します。

 
 
 
 
dsc_0041-2

dsc_0042

エンジンを引き抜く時にエキゾーストマニホールドがつっかえてしまったので外しました。

 
 
 
 
dsc_0043

車体をリフトで上げれば、エンジンだけが残ります。

 
 
 
 
dsc_0044-2

発電機とスターターを取り外します。

 
 
 
 
dsc_0045-2

スターターを外した穴から、トルクコンバーターとドライブプレートをつなげるボルト3本を外します。

この後、エンジンにつながっている配線やホース類を外します。
エンジンとトランスミッションをつなげているボルトを外して、エンジンとトランスミッションを分離します。

 
 
 
 
dsc_0046

台車の上にのこったトランスミッションです。

 
 
 
 
dsc_0048

届いた中古のエンジンです。

 
 
 
 
dsc_0049-2

エンジンコンピューターとの相性があるので、スロットルボディーは元のエンジンのものに付け替えます。

 
 
 
 
dsc_0050-2

中古エンジンとトランスミッションを合体させて、外したものを取り付けます。

 
 
 
 
dsc_0051

あとは逆の手順で車両にエンジンを取り付けます。
エンジンオイル・冷却水を注入します。オイルフィルターは新品に交換しました。

 
 
 
 
dsc_0052-2

試乗して問題が無かったので、これで作業は終了です。

ワゴンrmh22sの故障したエンジン内<こちらはおまけ記事になります。
 
 
 

スポンサーリンク




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる