エンジンが故障したスズキワゴンR(MH22S)のおまけ記事です。

ワゴンrmh22sのエンジン載せ替え<元記事はこちら。

エンジンオイルをあまり交換していなかった事と、エンジンオイルが無くなった状態(オイルチェックランプ点灯)で走行してしまった事が、エンジンの故障につながったと思われます。

dsc_0012

こちらが故障したエンジンです。「カンカンカン」とものすごい音を発しながらも動いていました。

 
 
 
 
dsc_0013

ヘッドカバーを開けたところです。オイル管理が悪いとエンジン内部が茶色くなってきます。

 
 
 
 
dsc_0009

参考までに、5000キロ~7000キロごとにオイル交換を行っているエンジン内はこんな感じです。うっすら茶色くなるくらいです。

 
 
 
 
dsc_0028

3500キロ~5000キロごとにオイル交換を行っているエンジンです。きれいな状態が保たれています。

 
 
 
 
dsc_0014

ちょっと脱線してしまいました。話を戻します。
これは外したオイルパンです。エンジンの底の部分ですね。
見事に真っ黒です。

 
 
 
 
dsc_0015

オイルパンの底には、ドロッとしたヘドロのようなものと大きめの鉄粉がたまっていました。

 
 
 
 
dsc_0020-2

エンジンの側面についているタイミングチェーンカバーを外しました。
ここでひとつ異常が見つかりました。(赤丸の部分)

 
 
 
 
dsc_0018-2

タイミングチェーンがオイルコントロールバルブへのオイル通路に食い込んでいます。

 
 
 
 
dsc_0017-2

カバー側のオイル通路も削れていました。

タイミングチェーンの伸び・摩耗、スプロケットの摩耗が許容範囲を大きく超えたことでこうなったと思われます。

 
 
 
 
dsc_0021-2

エンジンを上下ふたつに分解しました。
右がシリンダーブロック、左がエンジンヘッドです。

 
 
 
 
dsc_0022-2

dsc_0023-2

1番気筒に異常がありました。ヘッド部とピストンが当たったあとがあります。「カンカンカン」という異音はこれが原因でしょう。

 
 
 
 
dsc_0024-2

dsc_0025-2

ヘッド部とピストンが当たった原因がこちらです。コンロッドのメタルベアリングが重なった状態になっていました。摩耗して薄くなったために滑り込んだのでしょう。

エンジンが故障した大きな原因は、コンロッドメタルベアリングが摩耗したことですが、オイル管理が悪かったことによる悪影響は他にもあると思います。

おまけは以上です。

 
 
 

スポンサーリンク




 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる