車検で入庫した、平成13年登録の三菱ekワゴンH81Wです。
走行距離が10万キロを超えていましたので、タイミングベルトの交換を行うことになりました。

簡単に作業工程を紹介します。

dsc_0097-2

dsc_0098-2

まず、フロント右のタイヤハウス内にあるカバーを外します。クリップ2個とボルト2本で取り付けてあります。

 
 
 
 
 
dsc_0099-2

dsc_0100-2

ファンベルトのオートテンショナーが見えるようになります。
12.7のハンドルを使ってオートテンショナーを反時計回りにまわし、ロック用の穴を合わせて適当な棒を差し込みます。そのあとファンベルトを外します。

 
 
 
 
 
dsc_0101-2

取付ボルト1本を外し、クランクプーリーを取り外します。

 
 
 
 
 
dsc_0102-2

ファンベルトのアイドラプーリーを取り外します。ボルト2本で取り付けてあります。

 
 
 
 
 
dsc_0103-2

ファンベルトのオートテンショナーも取り外します。軸の太めなボルト1本と下側のちょっと隠れてるボルト1本で取り付けてあります。

 
 
 
 
 
dsc_0104-2

ウォーターポンプのプーリーを外します。4本のボルトで取り付けてあります。

 
 
 
 

 
dsc_0105-2

タイミングベルトカバーの取付ボルト4本をさきに外しておきます。

 
 
 
 
 
dsc_0106-2

オイルレベルゲージのガイドをボルト1本外して、上に引き抜きます。

dsc_0107-2

マスターシリンダーガイドというカバーのようなものを外します。取付ボルトは3本です。

 
 
 
 
 
dsc_0108-2

タイミングベルトカバーの残りの取付ボルト3本を外します。
クランク角センサーの配線に注意しながら、タイミングベルトカバーを取り外します。

 
 
 
 
 
dsc_0109-2

切欠きの部分をクランク角センサーのところに合わせて、クランクシャフトセンシングブレードという板を取り外します。

 
 
 
 
 
dsc_0110-2

dsc_0111-2

カムシャフト・クランクシャフトと、あとオイルポンプの合いマークを合わせます。
オイルポンプはバランサーシャフトとつながっているので、うっかりずらして組まないよう気を付けます。

 
 
 
 
 
dsc_0113

dsc_0114-2

dsc_0115-2

新品のタイミングベルトとテンショナーベアリングです。使用済みの物と並べてみました。

 
 
 
 
 
dsc_0117

dsc_0119

新品を取り付けて、再度合いマーク位置を確認します。クランクシャフトを6回転させると3点の合いマークが元の位置まで戻ってきます。

あとは逆手順で組み立てて作業完了です。

 
 



 
 
閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

 
 
HOMEへもどる