車検で入庫した平成13年登録の日産ステージアNM35です。フロント右のインナー側ドライブシャフトブーツが破れていたので、交換修理を行います。

dsc_0021-2

車両をリフトアップして下から見上げた写真です。
赤丸のところが今回破れていたドライブシャフトブーツがある場所です。

dsc_0022-2
dsc_0023-2

ブーツとはゴム製のカバーのこと。使用年数が経つとどうしてもヒビ割れて、そこから破れてしまいます。ブーツ内には潤滑のためにグリスが入っていますが、破れたところから飛び散ってしまっています。

このままでは車検にて不合格となってしまいますので、新品のドライブシャフトブーツと交換させていただきます。

dsc_0024

破れたドライブシャフトブーツを取り除いて、飛び散ったグリスを拭き取りました。

dsc_0026-2
dsc_0027

ハブのセンターナットを外します。

dsc_0028-2
dsc_0030-2

ナックルアームとロアアームをつなげているボールジョイントを切り離します。

dsc_0031-2

ナックルアームからドライブシャフトを抜き取ります。

dsc_0032
dsc_0033

ドライブシャフトを車両から取り外します。

dsc_0034-2

ベアリング部を取り外すために、抜け防止用のスナップリングを外します。

dsc_0035-2

ここから折り返しです。新品のドライブシャフトブーツを組み込んでいきます。

dsc_0069

新品のブーツをシャフトに通してからベアリング部をもとに戻します。
ブーツバンドは最後に締め込むので、今は引っかけておくだけです。

dsc_0070
dsc_0071-2

車両側のベアリング部が収まるケース内の古いグリスを洗い流し、新しいグリスを適量詰め込みます。

dsc_0072-2

赤枠のところ、スプライン部にグリスを薄く塗っておくと錆び付きを防ぐことが出来ます。
ナックルアームに差し戻します。

dsc_0073
dsc_0074
dsc_0075

新品のドライブシャフトブーツを被せ、めくれないようにブーツバンドで締め付けます。

dsc_0076-2
dsc_0077-2

ロアアームボールジョイントのナットとハブセンターナットを締め付けて、割ピンを取り付けます。

これでドライブシャフトブーツの交換作業は終了です。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

HOMEへもどる