平成5年登録のスバルヴィヴィオ(KK3)の整備です。今回は12ヶ月点検の依頼です。
入庫時にお客様から、前の方からの異音を解消してほしいとの要望がありました。
試乗とリフトアップ状態での空転検査で、フロントハブのベアリングから異音が出ているとわかりました。

DSC_0091

では、交換作業を進めていきます。

DSC_0092-2
DSC_0093-2
DSC_0094-2
DSC_0095

ブレーキキャリパーを外します。下側のスライドピンを外し持ち上げ、上側のスライドピンを抜き取ります。

DSC_0096-2
DSC_0097

ブレーキディスクローターを取り外します。錆び付いていたので、取り外し用のネジ穴にボルトをねじ込んで外します。

DSC_0098-2
DSC_0099

ハブセンターナットの緩み止めをおこして、取り外します。

DSC_0100-2
DSC_0101
DSC_0102-2

スライディングハンマーでハブを引き抜きます。見ると、ベアリング内に水分が入って錆びが出ています。
ベアリング内に、水分や異物が入らないようにするシールが劣化したためだと思われます。

DSC_0105-2
DSC_0106-2
DSC_0107-2

緩み止めの割ピン・ナット1つを外し、タイロッドエンドをナックルアームから切り離します。

DSC_0103-2
DSC_0108-2
DSC_0109-2

ボルトを1本外して、ロアアームをナックルアームから切り離します。

DSC_0110-2

ボルト2本外して、サスペンションからナックルアームを外します。

DSC_0111-2

ナックルアームが外れました。

DSC_0112-2

劣化しているアウターシールを外します。

DSC_0113-2

ハブベアリングを押さえているスナップリングを外します。

DSC_0114-2

劣化したインナーシールも外します。
ベアリング内には見てわかるくらい水分が入っていました。

DSC_0115
DSC_0116-2

古いハブベアリングを油圧プレスで抜き取ります。

DSC_0117
DSC_0118

アウターレースとインナーレースを確認。剥離などのデコボコは無いのですが、錆びた跡のまだら模様がありました。

DSC_0119

ここから折り返しです。新しい部品を組み込んでいきます。
ハブベアリングはシールドタイプに変更されています。

DSC_0120

ハブベアリングをナックルアームに圧入します。

DSC_0122

スナップリングを取り付けます。

DSC_0123
DSC_0125

アウターシールを打ち込みます。

DSC_0126-2
DSC_0127-2

ハブから残っているインナーレースを抜き取ります。

DSC_0128

ハブをベアリングに圧入します。

DSC_0129-2
DSC_0131

インナーシールを打ち込みます。

DSC_0132-2

ドライブシャフトのスプラインには、錆び防止のために少しグリスを塗っておきます。

DSC_0137

車両にナックルアームを組み付けます。
この後、サイドスリップ調整を行いました。

試乗したところ、「ゴ~~」という異音は消えていたので作業は完了です。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

HOMEへもどる