BSA-SRのフロントドラムブレーキにエアダクトを付けてみたいなと。


画像はカンリンのダブルドラムブレーキです。赤丸部のようなエアダクトを着けたらカッコよいのでは?と、思った次第です。

まず、段ボールでなんとなく形を作ってみました。

段ボールの型をもとに鉄板を曲げて叩いて、溶接して。

このまま鉄製のエアダクトでもよかったんですが、少々重いので作戦変更します。

というわけで鉄製のエアダクトを原型にして、FRPでメス型を起こしました。

続いてメス型にFRPを貼り込んでいきます。450番を2層貼り込みました。

はい、無事に抜けました。さすがFRPは軽いです。

あらかたトリミングして現車で確認します。よい感じです。

エアダクトの口には金網・枠を取り付けたいので、一旦塞ぎます。

サフ吹いてまた合わせてみます。大丈夫。

金網を押さえる枠は0.5mm厚の銅板で作りました。

もちろん、ドラムブレーキのパネルには穴あけ加工しました。実際はもうちょっとキレイに仕上げてあります。

シルバーに塗装してステンレス製の網を付けて完成です。

そんなに違和感なく作れたと思います。反対側のパネルにも穴あけ加工してありますので、少しは冷却効果も期待出来るかと。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

HOMEへもどる