三菱ミニキャブの整備-能美市のお客様

三菱ミニキャブU62Vのクラッチ交換

今回の整備車両は初年度登録が平成24年3月の三菱ミニキャブU62Vです。

クラッチが滑って走行不能になったとのことで、ロードサービスにより入庫しました。

それではトランスミッションを下ろしてクラッチ交換を行います。

まずはバッテリーのアース線を外します。

続いてリフトアップします。

アンダーカバーを外します。

ミニキャブ クラッチ

これはトランスミッションの右側です。

ここではクラッチワイヤー・シフトケーブル・配線類・リアのプロペラシャフトなどを外します。

ミニキャブ クラッチ

トランスミッションの左側です。

スターター・フロントのプロペラシャフトなどを外します。

ミニキャブ クラッチ

トランスミッションを車両から切り離しました。

ミニキャブ クラッチ

クラッチの部品3点を外しました。クラッチディスクの大事な部分がすべてなくなっていました。

ミニキャブ クラッチ

こちらは新品のミニキャブ クラッチ3点セットです。

ミニキャブ クラッチ
ミニキャブ クラッチ

クラッチの部品を取り付けました。

あとは逆の手順でトランスミッションを取り付けます。

最後にクラッチワイヤーの調整を行います。

試乗して問題が無いことを確認して作業終了とします。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

HOMEへもどる