ブレーキランプが点いたまま

ブレーキスイッチ交換

バッテリー上がりでエンジンがかからないと連絡があり、お客様の会社まで引き取りに。
車両は平成6年のトヨエースLY61です。
話を聞いてみると、「ブレーキランプが消えない」との事。エンジンをかけるためにバッテリーをリードすると、確かに踏んでないのにブレーキランプが点灯しています。

車両を整備工場まで引きあげて、詳しく点検します。

DSC_0001

ブレーキスイッチの導通点検です。
スイッチを押さない状態(ブレーキ踏込)ではもちろん導通あり。

DSC_0003

スイッチを押した状態(ブレーキ踏まない)ではオープンになりません。
スイッチを押すたびに抵抗値が不安定にブレますが、無限大まではいきません。電気が流れることになります。
なので、原因はやはりブレーキスイッチでした。

DSC_0011

こちらは新品のブレーキスイッチ。押さない時は抵抗0です。

DSC_0012

押した状態では無限大(オープン)までいきます。

DSC_0013

22年も経てばスイッチの形状は変わりますが、仕組みは同じです。

DSC_0014

車両に取り付け・調整して作業完了です。
バッテリーは充電して収めました。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

HOMEへもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

タイヤホイールが取れない

次の記事

走行時に水温が下がる