シエンタ(NCP81G)オートスライドドア故障

左側のスライドドアがオートで閉まらないとの事で入庫したお車です。
平成17年登録のトヨタシエンタ・NCP81Gです。

不具合の状況ですが、ドアのハンドルを使ってスライドドアを開閉するとき、ハンドルを引きっぱなしにすれば開け閉め出来ます。
ハンドルを軽く「ちょん」と引いてオートで開閉させても、「ガチン」と何かが引っかかって開け閉め出来ません。

シエンタ スライドドア故障

確認のために運転席にあるスライドドアの開閉ボタンを使用します。
こちらも開こう・閉まろうとはするのですが、「ガチン」と引っかかって止まります。

シエンタ スライドドア故障

スライドドアの下側のレール辺りについている、ロックが解除出来ていないようです。

スライドドアの内貼りを外して原因を確認します。

シエンタ スライドドア故障

リアドアフレームガーニッシュという部分を外します。縦長のカバーですね。室内側に引っ張るだけで外れます。

シエンタ スライドドア故障

次にドアトリムカバーを外します。
ドアハンドルの横のねじを1本外して、ドアのカギをロックの状態にします。
あとは下の方から室内側に引っ張れば外れてきます。
パワーウインドウスイッチのコネクターを最後に外します。

シエンタ スライドドア故障

確認すると、スライドドアロックリリース(レリーズ)モーターが動いていませんでした。

手動でドアハンドルを動かすと、このようにドアロックのワイヤーが引かれます。

こちらはスライドドアロックリリース(レリーズ)モーターの動きです。
動かないので手で動かしていますが、ドアハンドルを引いたときと同じようにドアロックのワイヤーが引かれます。

シエンタ スライドドア故障
シエンタ スライドドア故障

スライドドアロックリリース(レリーズ)モーターを動かすための電源は大丈夫でした。

シエンタ スライドドア故障

スライドドアロックリリース(レリーズ)モーターに直接電気を流しても動かなかったので、ここの故障で間違いないでしょう。

シエンタ スライドドア故障

修理には中古品で丸ごと交換します。スライドドアコントロールアタッチメントという名前です。

シエンタ スライドドア故障

スライドドアモーターとリアドアワイヤーを外してずらします。

シエンタ スライドドア故障

スライドドアコントロールアタッチメントの取付ボルトを外して、車両前方にずらします。
ドアガラスとレギュレーターのアームを外して、スライドドアコントロールアタッチメントをドアから取り外します。

シエンタ スライドドア故障

レギュレーターのアームは水平位置にしないと取り外すことが出来ませんでした。

後は逆の手順で組み立てます。作動確認をして作業終了としました。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

グーネットピット始めました。是非ご利用下さい。

↓こちらから↓

HOMEへもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。