アクアのエアコン修理-能美市のお客様

平成25年7月登録のトヨタ アクアのエアコン修理です。

エアコンが冷えないということで入庫しました。

アクアのエアコン修理

まずは、エアコンガスの圧縮具合を機械に接続して調べます。

ハイブリット車両は特殊なエアコンオイルを使用しているため、ハイブリッド専用のコードを繋げます。

アクアのエアコン修理

黄色の指針が予想される圧力で、赤色の指針が実際の圧力になります。

高圧・低圧ともに低い値を示しています。

アクアのエアコン修理

続いて、吹き出し口の温度を測ります。

25.8度でした。

当日の外気温は30度くらいでしたのであまり冷えていないということになります。

冷媒ガスがどれくらい残っているか調べるために、冷媒ガスを回収しました。

68グラム回収できました。

標準の冷媒ガス充填量は420グラムなので、かなり少なくなっていることになります。

アクアのエアコン修理

ということで、冷媒ガスが漏れている場所を探しました。

コンデンサーと呼ばれる部品あたりから冷媒ガスが漏れているような跡が見つかりました。

アクアのエアコン修理

お客様に事情を説明して、コンデンサーを交換することになりました。

コンデンサーを交換後、冷媒ガスの圧力を確認しました。

おおむね基準値を指しています。

アクアのエアコン修理

最後に吹き出し口の温度を測ります。

11.1度まで下がりました。

冷却性能は問題なしと判断してアクアのエアコン修理を完了とします。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

グーネットピットも是非ご利用下さい。

↓こちらから↓

HOMEへもどる