ハイエースレジアスのマフラー溶接修理

車検で入庫したトヨタ・ハイエースレジアスRCH41Wで、初年度登録は平成9年です。

DSC_0037-2
DSC_0036-2

センターマフラーがタイコの手前部分で完全に折れていました。
もちろんこのままでは車検には通りませんので、今回は溶接で修理をします。

DSC_0038-2

フロントパイプとのジョイント部です。ボルト・ナットは錆びて頭が丸くなっていますが、なんとかして取ります。

DSC_0039-2

こちらはテールパイプとのジョイント部。マフラーのフランジにネジが切ってあるのでボルトを折ってしまうと後が大変です。慎重に外します。

DSC_0042

折らずに取れました。ガスバーナーで炙って外したので再利用はしません。

DSC_0043

3カ所の吊りゴムを外せばマフラーが下せます。

DSC_0044

腐食で薄くなったところからポッキリ折れてしまっています。
ガスバーナーで炙り、錆びを飛ばすと同時に母材を温めます。

DSC_0046

もっとキレイなビードにしたいのですが、練習不足です。錆びたマフラー溶接は難しいのです。

では、マフラーを取り付けていきます。

DSC_0047

これは新品のマフラーガスケットです。もともと付いていたガスケットは外す時に崩れてしまいました。

DSC_0048
DSC_0049
DSC_0050

マフラーのジョイント部と溶接修理をした部分に排気漏れが無いか、最終確認します。
大丈夫でしたので作業完了とします。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

HOMEへもどる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。