クラウンのスパークプラグ交換-能美市のお客様

今回は平成16年3月登録のトヨタクラウンのスパークプラグ交換です。

エンジンがかからない時があったということで入庫しました。

症状は一度だけということで、入庫してからも不具合は確認出来ませんでした。

考えられる原因としてはカブり(スパークプラグがガソリンで濡れて点火できない)・燃料ポンプ・イモビライザーの不具合などが考えられます。

予備整備もかねて、スパークプラグを交換することになりました。

スパークプラグ

エンジンの上のカバーを外したところです。

V型6気筒エンジンなので左右に3本ずつ、計6本のスパークプラグが付いています。

スパークプラグ

これは右側です。取りやすいように空気のダクトを外してあります。

スパークプラグ

こちらは左側です。電気の配線をよけながら取り外します。

スパークプラグ

整備書には点検不要となっていますが、長距離を乗られてるお客様なので予備整備もかねての交換です。

スパークプラグ

新品のスパークプラグです。形状が少し違いますが問題はありません。

スロットルバルブに汚れが溜まってましたので、同時にクリーニングを行いました。

組み付け後、吸入空気量のリセットを行い作業終了としました。

原因の確定とまでは行かなかったので、不本意ながら様子見となります。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

HOMEへもどる