ダイハツハイゼットのリアブレーキシュー交換

整備車両は平成22年ダイハツハイゼットバンS331Vです。
車検時の点検でリアブレーキのシューが薄くなっていました。年間走行距離が多いということもあり、交換させていただくことにしました。

交換手順を紹介させていただきます。

DSC_0003-2

リアブレーキのシューは車両の前側・後ろ側と1つのブレーキの中に2枚入っています。
今回交換するのは前側のブレーキシューです。構造上、前側のブレーキシューのほうが後ろ側のブレーキシューより減るスピードが速い傾向があります。

DSC_0004

各種工具・スプレーグリス・新品のブレーキシューを用意して交換に取り掛かります。

DSC_0005

4WDのためアクスルというタイヤを取り付ける部分があるので、少し作業スペースがせまいです。

DSC_0006-2
DSC_0008

まず上側についている大きい方にのスプリングをはずします。

DSC_0006-3
DSC_0009

次に上側の小さい方のスプリングをはずします。

DSC_0005-2
DSC_0010

ブレーキシューを固定しているスプリングをはずします。

DSC_0011-2

ブレーキシューをはずすと同時に下側についているスプリングもはずします。

DSC_0012-2

ブレーキシューにつけてあるブレーキ調整用の部品をはずします。

DSC_0013
DSC_0014
DSC_0015

Cの形をしたワッシャーをはずす専用のプライヤーを使います。
まずとんがっている方でCワッシャーを開きます。

DSC_0016
DSC_0017

平たい方に切り替えて、もう少しCワッシャーを押し広げます。
マイナスドライバーで軽くこじればCワッシャーがきれいにはずれます。

DSC_0018
DSC_0019

新品のブレーキシューにはずした部品を取り付けます。
あとは逆手順で取り付けていきます。

DSC_0020
DSC_0021
DSC_0022

スプリングを取り付ける時は、マイナスドライバーでクルンとすれば簡単です。

DSC_0023
DSC_0024
DSC_0025

大きい方のスプリングも同じく取り付けます。

DSC_0026-2

ブレーキ調整の下準備。丸い穴の中に調整用のラッチが見えます。
この写真ではブレーキが広がった状態です。下側の銀色のラッチを下げるとスプリングの力でブレーキが一番縮まった状態になります。

DSC_0027-2

これが縮まった状態です。

DSC_0029

反対のリアブレーキのシューも交換後、ブレーキ調整すれば作業完了です。

閲覧ありがとうございました。よろしければ他のスタッフブログもご覧いただければ幸いです。
ブログ担当の山下でした。

HOMEへもどる

ダイハツハイゼットのリアブレーキシュー交換”へ1件のコメント

  1. 東京のアトレー乗り より:

    参考になります。
    プライヤーでつまめばシューホルドスプリングツール要らないんですね。
    テンションスプリングツールもプライヤーとドライバーで代用できるんですね。
    次からはもっと簡単にブレーキ整備ができそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。